FC2ブログ

カメラマンのお仕事日記

日々の仕事やエピソードその他茨城県近隣情報

ここが知りたい写真塾 Vol.8

『夜景の撮り方が分かりません、長時間露出?でのピント合わせとか・・・AFではダメなのでしょうか?(ピントが上手く合いません)』
と言う質問をいただいていましたので。
今回は、夜景撮影の注意点です。

まずは、AFですが
きちんとコントラストが有る所が選べればAFでもOKです。
夜景はコントラストが少ない場所でピントを合わせる事も多いので
できれば、マニュアルでピントを合わせた方が無難でしょう。
これから旬の花火などは、AFは基本的に不可能です。
もう一つ、直進式ズームを使用している方は
カメラを上下どちらかに大きく角度を付けると
ズームが自重で動いてしまう事がありますので気を付けてください。

露出に関して、
管理人は住宅の夕景などを撮る場合
スポット測光ハイライト重視で露出を決定しています。
当然、シャドー部も測りますが、
ハイライトが飛ばず、住宅の輪郭がつぶれない用に気を付けています。
これは、時間との勝負!
少し、明るいかな~と、思われる時間帯から
数カット撮影して、一番良いカットを選びます。
全体的に光源がたくさん有る、街の中などはマルチパターン測光で
露出を変えながら撮影しても、大丈夫だと思います。
近くに有る点光源が大きく入る場合は、一度点光源を画面から外して測光
元のフレーミングに直してください。

シャッタースピードですが
夜景は暗い=シャッタースピードが遅くなる
問題はここにあります。
最近は、随分改良されたようですが
デジカメは長時間露光が苦手です。
シャターが開いているあいだ、受光素子には電流が流れたままになります。
電流が流れたままになると、熱を持ちノイズの原因になります。
夏は外気温も高いので、
よりノイズが発生しやすくなりますので、注意してください。
フィルムを使い、花火を撮影した方は経験していると思いますが、
シャターはバルブ、花火を数発入れて.....
なんてのは無理です。管理人は身を以て体験しました。
と言うことで、極端な長時間露光はしないようにしてください。
じゃ~どれくらい?
機種によってまちまち、ノイズフィルターの有無などにもよりますので
一概には言えませんが、数秒~十数秒の範囲を目安にすれば良いと思います。

花火は、一発づつ撮影して合成した方が奇麗に仕上がります。
夜中にカメラを持ってフラフラ~。
不審者と間違われないように注意して、撮影を楽しんでください。
  1. 2006/07/31(月) 23:38:49|
  2. ここが知りたい写真塾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

小口写真事務所

Author:小口写真事務所
リンクはフリーですが、ご一報いただければ幸いです。
画像は、サムネイル表示になっています。
画像をクリックすると大きな写真が見られます。
気になる今日の一枚はコンパクトデジカメ DMC-LX3で撮影しています。

小口写真事務所リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ご来場者カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あし@

フリーエリア

人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村